火葬式のお葬式

家族葬・終活・葬儀費用

火葬式とは

通夜や告別式を行なわずに火葬の儀だけを行なう葬式のことを「火葬式」と言います。
葬儀の費用を抑えたい、身内だけでささやかな葬式がしたいと言った考えのご家族が、火葬式を選ぶことが多いです。
また、故人が火葬式を望んでいたり、故人がかなり高齢な場合にも火葬式が選ばれることが多いです。
高齢になるほど、友人や知人との交流が減りますよね。
定年退職で同僚との交流もなくなるため、高齢で亡くなった場合は、葬儀参列者がかなり少なくなります。
そうした理由からも、通夜と告別式をせずに火葬式だけするといったケースが増えているのです。
あるいは、友人や知人と一緒に行なう「お別れの会」などは後日に行なうため、まず身内だけでの火葬式をするという考えの方も多いです。
火葬式の流れを簡単に説明します。

  • 1. 遺体を安置していた自宅か斎場から火葬場へと運びます。これを出棺と言います。
  • 2. 火葬炉の前に遺体が入っている棺を安置して、枕飾りをします。枕飾りとは簡易な祭壇のことを言い、供花やロウソク、線香などが置かれています。
  • 3. 仏式の場合は、僧侶によって枕経があげられます。他宗教ではお祈りなどの儀があります。
  • 4. 火葬が始まります。火葬完了までには2時間ほど必要です。
  • 5. 火葬が終わるまでの間に、火葬式参列者のみで会食がある場合もあります。
  • 6. 火葬が完了したら、火葬場スタッフの指示に従いながらお骨を骨壷に入れていき終了です。

火葬式の注意点

火葬式を行なうにあたって、いくつかの注意点があります。

・菩提寺がある場合(仏式のみ)は、先に菩提寺に相談してから火葬式を決めること

故人のためにも、通夜や告別式はしきたりどおりに行ないたいと思うのが菩提寺です。
だからこそ、誤解がないように理由を先に説明しておくべきです。

・葬儀社は慎重に選ぶこと

利益が少ないために「火葬式のみの依頼」を葬儀社も多いです。 また安いと見せかけてオプションで費用を高くする葬儀社も多いので「火葬式だはどこでやっても一緒」などと思い込まずに、斎場は慎重に選びましょう。

・遺体安置場所の確保をしておくこと

法律により、亡くなってから24時間以内は火葬ができません。
亡くなってから火葬までの間に、遺体を安置しておく安置所か斎場が必要です。
遺体の安置所の確保もしておきましょう。

・火葬式をする理由を誤解なく説明できるようにしておくこと

火葬式が増えてきたと言っても、まだまだ主流だとは言えません。
参列者の中には、理解できない人もいるかもしれませんので、火葬式に決定した理由を誤解なく伝えられるようにしておきましょう。

火葬式のメリット

火葬式が増えてきているのは、メリットがあるからです。
火葬式のメリットは次の通りです。

・葬式費用が安くなる

火葬式のみなので、通夜と告別式の分の葬儀費用が要りません。
通常の葬儀を行なう時の葬儀費用の相場は、200万円程度です。
葬儀費用に寺院費用、接待料などもかかりますので、200万円では安い方です。
火葬式だけですと、だいたい20万円~30万円で葬儀ができます。
つまり、約10分の1の費用で葬式ができるので、かなり費用を抑えられるのです。

・葬儀の時間が短くなる

通夜と告別式を行なうには2日間は必要になってきます。
遠方の親族などもスケジュール調整をするのが大変だったり、喪主自体が忙しい場合もあります。
火葬式は、4時間程度で終わるので忙しい人でも負担なく行なえます。

・少人数の参列者と気兼ねなくお別れができる

通夜や告別式を行なうと、それなりに多くの参列者に集まってもらえます。
それは確かにありがたいことなのですが、看病の末に身内を亡くされた場合、遺族は心身ともに疲れているはずです。
せめてお別れの時くらいは、ささやかに周りに気兼ねなく見送りたいと思う遺族も多いのではないでしょうか?

火葬式のデメリット

火葬式はメリットばかりではありません。
もちろん、デメリットもあります。

・火葬式は4時間程度なので故人とゆっくりお別れができない

通常ならば、火葬までには斎場で通夜と告別式があります。
しかし、火葬場に着くとすぐに枕経をあげて焼香が済んだら、火葬をして遺体は骨になるので、ゆっくりお別れができません。
拘束時間が短いので、気兼ねなくお別れはできますが、火葬までがすぐなので、ある意味のあっけなさを感じてしまうかもしれません。

ですから、ゆっくりお別れがしたい場合は、一旦自宅に遺体を安置するのがいいでしょう。

・親戚や友人、知人などに理解してもらえない

火葬式はまだまだ知られていないので、親戚や友人、知人などに理解してもらえず、反感を抱かれることもあります。
故人のことを考えるあまりに、粗末な葬儀だと捉えられることも多いのです。

友人や知人を呼ばないとなると、余計に反感をかうので、誤解されない説明を考えておくべきです。

このように火葬式には、2つのデメリットもありますが、デメリットを減らす工夫をすれば、意義のある葬儀になります。