葬儀に参列する前に知っておきたい「焼香」のやり方

葬儀に参列する前に知っておきたい「焼香」のやり方

年を重ねる毎に、人との繋がりが多くなるほど参列する機会が増えるのが「お葬式」です。 特に生前お世話になった人や、仕事関係での葬儀は必ず参列したいものです。 その際に気を付けないといけないのが「葬儀のマナー」です。 その中でも、他の人に見られているのが「焼香」の場面です。 否が応でも参列者は目に入ってしまうので、失礼に当たらないように焼香の手順は覚えておきたいものです。 そこで今回は、焼香についてその手順や、宗派による違いなどを詳しくご説明します。

スポンサードリンク

焼香とは

日本での仏教のお葬式で、参列者によって良く行われているのが「焼香」です。 お線香と抹香で行われる場合があるのですが、葬儀などでは抹香で行われることが多いです。 これは仏教で言う、仏様になる人の供養の儀式です。 良くドラマなどでも見る、抹香をつまんで、火のついた香炉にパラパラと落として焚いていきます。 これらは、お通夜・告別式・法要などで行われます。

焼香を生きている参列者が行う大きな意味として、「故人の供養」というお身があります。 香をたく理由として、香の煙は生きている人間の身体や心などを清めます。 人間の心身と共に、霊前を清めて極楽浄土へ死者が心残りなく向かってもらえるようにお祈りをします。 これは葬儀の中でも特に大切な儀式とされており、血縁関係の濃い順に焼香を行う順が決められています。 その理由からも、「焼香」は葬儀の中でも、重要な儀式ということになります。 故人を供養するという意味でも、焼香の手順は葬儀のマナーとしてしっかり抑えておきたいものです。

焼香のやり方

焼香に用いられるのは、抹香とお線香の2種類あります。 また、焼香の方法は大きく分けて3種類あります。 立ったまま行う「立礼焼香」、座って行う「座礼焼香」、座ったまま香炉を回して行う「回し焼香」の3種類です。 会場の大きさや、参列者によって焼香の方法は異なります。 それぞれの焼香のやり方をご説明します。

・立礼焼香とその方法

立礼焼香とは遺影の前で遺族などが立ったまま、参列者が焼香をしていく方法です。

=抹香での焼香方法=

  • 1.祭壇に進む際に、房を下にして数珠を左手に持ちます。
  • 2.焼香台へ進む前に、遺族→僧侶の順に一礼をします。
  • 3.数歩進んで故人の遺影や仮位牌を見つめ、焼香台1歩手前まで進みます。
  • 4.数珠を持っている左手に右手を添えて、焼香台の前で合唱します。
  • 5.焼香台にある抹香を右手でつまみます。この際親指・人差し指・中指の3本でつまみましょう。
  • 6.頭をすこしうつむかせて、目を閉じたまま額の高さに抹香を捧げます。※この際に故人の成仏などを心の中で伝えます。
  • 7.抹香は香炉の火が焚いてある煙が出ている部分へ、静かにパラパラとくべます。
  • この際6~7を1回~3回繰り返すのですが、宗派によって回数は異なります。
  • 8.6~7の焼香が完了したら、もう一度霊前で合掌します。
  • 9.そのまま遺影を見たまま3歩後ろへ下がり、遺族と僧侶に一礼をして自分の席へ戻ります。

=線香での焼香方法=

線香の場合、5~7が異なります。

  • 5→線香を1~3本手に取り、側にあるローソクで火をつけます。
  • 6→線香に炎がうつったら、左手で火を扇いで消します。
  • 7→線香立てに線香を立て、合掌します。

・座礼焼香とその方法

自宅や和室などで、焼香台までの距離が近い場合、立ち上がらずに焼香を行います。

  • 1.拳を握り、親指だけを立てて2点で身体を支えながら座ったまま移動します。※数珠は左手に持ってください。
  • 2.遺族と僧侶に一礼して、焼香台に移動します。
  • 3.焼香台の前に敷いてある座布団を下座へよけて、正座をしてください。
  • 4.その場で一度合掌をします。
  • 5.右手の親指・人差し指・中指で抹香をつまみます。
  • 6.頭を少しかがめて目をつむり、つまんだ抹香を額の高さで捧げます。※故人に対しての思いを心の中で伝えます。
  • 7.煙の立っている香炉へ、抹香を静かにパラパラとくべます。
  • 8.6~7を宗派によって1~3回行います。
  • 9.焼香が終わったら合掌します。
  • 10.そのまま両手を使って、正座のまま後方に下がります。
  • 11.遺族と僧侶に一礼をして、座ったまま後退しながら席に戻ります。

=線香での焼香方法=

線香の場合、5~7が異なります。

  • 5→線香を1~3本手に取り、側にあるローソクで火をつけます。
  • 6→線香に炎がうつったら、左手で火を扇いで消します。
  • 7→線香立てに線香を立て、合掌します。

※宗派によって回数や、線香の立て方は異なります。

・回し焼香とその方法

自宅や和室、ご高齢者が多い場合などに、お盆に香炉や抹香を乗せたものを使用する方法です。

  • 1.親族から順に回していきます。
  • 2.自分の所へ回ってきたら、一礼を軽くして受け取ります。
  • 3.膝の上か、スペースがあれば自分の前に置きます。
  • 4.左手に数珠を持って、合掌します。
  • 5.右手の親指と人差し指、中指で抹香をつまみ、頭を下げて目を閉じて額の高さまで捧げます。
  • 6.火のついている方へ、パラパラと静かに抹香をくべます。
  • 7.5~7は宗派によって1~3回繰り返します。
  • 8.焼香が終わったら、合掌します。
  • 9.軽く一礼をし、隣の人にまわします。

宗派別による回数の違い

仏教の中でも宗派によって焼香の回・数が変わってきます。

・浄土真宗(本願寺)

抹香:抹香をつまみ、額まで上げてそのまま香炉にくべるのを1回のみ行います。 線香:1本を2つに折って捧げます。

・浄土真宗(大谷)

抹香:抹香をつまみ、額まで上げてそのまま香炉にくべるのを1回のみ行います。 線香:1本を2つに折って捧げます。

・臨済宗

抹香:抹香をつまみ、額まで上げそのまま香炉にくべるのを2回行います。 線香:1本をそのまま捧げます。

・日蓮宗/日蓮正宗

抹香:抹香をつまみ、額まで上げそのまま香炉にくべるのを1~3回行います。 線香:日蓮宗は1本をそのまま捧げます。日蓮正宗は火をつけず1本を2つに折っておきます。

・真言宗

抹香:抹香をつまみ、額まで上げてそのまま香炉にくべるのを1回のみ行います。 線香:3本を距離を離して捧げます。

・曹洞宗

抹香:抹香をつまみ、額まで上げそのまま香炉にくべるのを1~3回行います。 線香:1本をそのまま捧げます。

まとめ

焼香とは、生きている人間の心身と霊前を清め、故人の冥福を祈り供養を行う儀式です。 お通夜や告別式、法要などで行われます。 焼香には、抹香と線香が使われていて、宗教によってお焼香の回数や、線香の本数は異なります。 ご自身の宗派に合わせたご焼香か、もしくは故人の宗派に合わせたご焼香方法をおすすめします。

スポンサードリンク

葬儀の準備 関連記事

身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること

身内を亡くした時、遺族は悲しんでいる余裕もなく、慌ただしく葬儀の準備が始まります。人が亡くなった直後にやるべきことの流れを把握し、一つひとつの手続きをこなしていくために、故人が死亡した時から葬儀前にやるべきことを詳しくこちらでご紹介します。

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

故人が亡くなると、名義変更や解約などさまざまな手続きを行います。やるべきことが多すぎてうっかり手続きを忘れてしまわぬよう、 ここでは期限別に必要となる手続きを詳しくこちらでご紹介します。

焼香のやり方

年を重ねる毎に、人との繋がりが多くなるほど参列する機会が増えるのが「お葬式」です。特に生前お世話になった人や、仕事関係での葬儀は必ず参列したいものです。その際に気を付けないといけないのが「葬儀のマナー」です。 ここでは焼香のやり方を詳しくこちらでご紹介します。

弔問のタイミング

生前お世話なった方などが亡くなられた時に伺うことを、弔問(ちょうもん)といいます。今まで一度も弔問をしたことがないという方もいると思いますが、この先いつかは弔問をすることがあるかもしれません。社会人になれば、取引先のお付き合いなどで年上の人と付き合うことも増えますので、弔問に伺う機会が増える可能性もあります。 ここでは弔問のタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

喪中はがきの相手とタイミング

毎年年末になると色々と仕事が増えます。そのやることの中のひとつとして、年始のご挨拶として遠方で会えない人などへの挨拶として年賀状を書きます。ただ、この年賀状を書いてはいけないという人がいるのはご存知でしょうか?それは、「喪中」のご家庭です。ここでは喪中はがきの相手とタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

友引と葬儀の関係

人が亡くなるタイミングというのは誰にも分かりませんが、日本にはお葬式を行っていけない日というのがあります。これは暦にとても関係があり、6世紀には日本に伝来されていたと言われています。六曜と呼ばれる歴注が6種類用意されていて、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があります。それぞれには意味があって、友引の意味に関係してきます。ここでは友引と葬儀の関係を詳しくこちらでご紹介します。

↑ PAGE TOP