家族葬のお布施

家族葬のお布施

家族葬のお布施 画像

家族葬とは、葬儀に呼ぶ人を家族や親しい人に限定し、少人数で行う葬儀です。家族葬でも、読経や戒名を依頼する僧侶には、お布施を渡す必要があります。「お気持ちで」という言葉をよく聞きますが、実際どのくらいの金額をお渡しするものなのでしょう。今回はお布施の金額や内訳についてご紹介します。

スポンサードリンク

地域によって違う、家族葬のお布施の相場

お布施については家族葬と一般葬で違う部分は特にありません。家族葬のほうが来訪者が少なく、規模が小さいようにも感じるかもしれませんが、葬儀に僧侶を呼んで読経をしてもらう限りは、お布施の額に変わりはないと考えたほうがよいでしょう。 お布施の全国平均金額は47万円ほどといわれていますが、相場金額は地域ごとに大きな差があり、目安としては以下の金額とされています。

もっとも高いのは東北地方、次に中部地方や関東地方と続きます。もっとも安いのは九州地方です。お布施の相場金額は、地域ごとの習わしや宗派、お寺の格式などによって差が出ます。また、お布施と一言に言ってもその金額の中にはいくつかの要素があり、その額による影響も大きいでしょう。

お布施金額の内訳について

では、お布施の中にはどのような要素が含まれるのでしょうか。 その内容をお伝えいたします。

読経料:約15~30万円

僧侶に読経をしてもらうことに対しての謝金です。お寺の宗派や葬儀の内容にもよりますが、読経は一回のお葬式の中で何度も行われます。たとえば以下のようなタイミングです。

・遺体安置直後の枕経
・通夜での読経
・告別式での読経
・還骨、繰り上げ法要

このように、読経の回数によって額が変わります。お葬式の内容によって変わりますので、心配な場合は葬儀社に流れを確認しておきましょう。

戒名料:約10万円~

戒名に対する謝金です。戒名とは、もともとは出家した人が仏弟子として戒律を受け、初めて師のお坊さんからいただく名前で、生きているうちに仏教徒となって授かるものでした。ところが現代、ほとんどの方は生前に戒名を持っていません。そこで死後に戒名を授けてもらい、仏門に入るという形をとっているのです。

この戒名にはランクがあり、どのランクに値するかは個人の社会的地位やお寺とのお付き合いによって決まり、戒名料も変わります。戒名そのものに価格があるわけではないものの、お寺から金額を提示されたり、相場に合わせた金額をお渡ししたりする場合が多いようです。戒名の相場は、目安として以下のような金額です。

・信士、信女:20~50万円
・居士、大姉:50~80万円
・院信士、院信女:30~100万円以上
・院居士、院大姉:100万円~

おもに関東圏では上記のような相場です。地域によっては戒名の金額に違いがあります。また、お布施と戒名料は別々にしているお寺も。金額について不安な場合には、葬儀会社やお寺に相談するとよいでしょう。

御膳料:約5千~2万円

通夜振る舞いや精進落としなどの会食に僧侶が参加しないときに渡す金額です。 会食に僧侶が参加する場合は、このお金を支払う必要はありません。

「菩薩寺」がなくてもお布施は必要

菩提寺とは先祖代々のお墓や位牌を収めているお寺のことです。 通常はこの「菩薩寺」に読経や戒名をお願いしますが、こうしたお寺が特段ないという方もいるでしょう。そうした場合は、葬儀会社から紹介されたお寺や僧侶に、読経や戒名をお願いすることになります。

葬儀社経由で読経や戒名をお願いするときは、お布施の金額が葬儀のプランによって決まっているかもしれません。紹介してもらうタイミングで、金額について確認しておきましょう。

お布施はいつ渡す?

菩薩寺に読経や戒名を依頼する場合、葬儀会社へ支払う葬儀費用とは別に、僧侶へ直接渡します。葬儀の式の前に挨拶する際に渡すのが一般的です。

葬儀前にお寺の僧侶が到着したら、葬儀社が控え室に案内する場合がほとんどです。その後、僧侶の到着を葬儀社が伝えてくれるため、その際に挨拶に出向き、お布施をお渡しする方法がスムーズですね。

もしも葬儀前にお渡しができなかった場合には、葬儀後のお礼を伝える際でも失礼にはあたりません。遺族は疲れているタイミングかと思いますが、うっかり失念しないように注意しましょう。

お布施の渡し方

半紙でお札を包み、中包みを用意します。お札の入った中包みを奉書紙(上包み)で包む、もしくは中袋にお札を入れて、奉書紙で包んでもよいでしょう。上包みは、慶事の上包みの折り方と同じ。上側の折返しに下側をかぶせます。お布施そのものは不祝儀ではなく、弔事の折り方にする必要はありません。

白い封筒にお金を入れて包む方法でも構いませんが、奉書紙で包む作法がもっとも正式です。奉書紙はツルツルしているほうが表面で、ざらざらしているほうが裏面です。

表書きは「お布施」または「御布施」と書きます。戒名は宗派によって表書きが変わります。葬儀社で準備してくれることもあるため、確認してみましょう。

お渡しするときは直接手で持たず、切手盆と呼ばれる冠婚葬祭用の小さめの黒いお盆、または袱紗(ふくさ)の上に置いて渡しましょう。袱紗の包み方には決まりがあります。まずはダイヤの形になるように袱紗を広げ、中央より右側にお布施の封筒またはお金を包んだ奉書紙を置きます。次に、右の端、下、上、左の順番で包みましょう。

お渡しするときは「故人のためにありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします」など、感謝の一言を申し上げましょう。

感謝の気持ちをこめてお布施を手渡す

お布施はそもそも、見返りを求めずに施すものとされています。葬儀において、僧侶が読経や戒名を授けてくれ、遺族はそれに感謝をこめて、お布施をお渡しするのです。

お布施は、葬儀における僧侶の労働への対価のように考えられがちですが、故人の供養をしてくれるお寺に対しての御礼の気持ちとして渡すという考えを忘れないようにしたいものですね。

スポンサードリンク

葬儀の準備 関連記事

身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること

身内を亡くした時、遺族は悲しんでいる余裕もなく、慌ただしく葬儀の準備が始まります。人が亡くなった直後にやるべきことの流れを把握し、一つひとつの手続きをこなしていくために、故人が死亡した時から葬儀前にやるべきことを詳しくこちらでご紹介します。

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

故人が亡くなると、名義変更や解約などさまざまな手続きを行います。やるべきことが多すぎてうっかり手続きを忘れてしまわぬよう、ここでは期限別に必要となる手続きを詳しくこちらでご紹介します。

葬儀保険の準備

葬儀保険の準備

事前に葬儀にかかる費用を持っていない場合や、予期しない状況に直面した時に、葬儀にかかる支出を、費用面から手助けしてくれる保険が「葬儀保険」です。ここでは葬儀保険の準備を詳しくこちらでご紹介します。

焼香のやり方

焼香のやり方

年を重ねる毎に、人との繋がりが多くなるほど参列する機会が増えるのが「お葬式」です。特に生前お世話になった人や、仕事関係での葬儀は必ず参列したいものです。その際に気を付けないといけないのが「葬儀のマナー」です。 ここでは焼香のやり方を詳しくこちらでご紹介します。

弔問のタイミング

弔問のタイミング

生前お世話なった方などが亡くなられた時に伺うことを、弔問(ちょうもん)といいます。今まで一度も弔問をしたことがないという方もいると思いますが、この先いつかは弔問をすることがあるかもしれません。社会人になれば、取引先のお付き合いなどで年上の人と付き合うことも増えますので、弔問に伺う機会が増える可能性もあります。 ここでは弔問のタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

喪中はがきの相手とタイミング

喪中はがきの相手とタイミング

毎年年末になると色々と仕事が増えます。そのやることの中のひとつとして、年始のご挨拶として遠方で会えない人などへの挨拶として年賀状を書きます。ただ、この年賀状を書いてはいけないという人がいるのはご存知でしょうか?それは、「喪中」のご家庭です。ここでは喪中はがきの相手とタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

友引と葬儀の関係

友引と葬儀の関係

人が亡くなるタイミングというのは誰にも分かりませんが、日本にはお葬式を行っていけない日というのがあります。これは暦にとても関係があり、6世紀には日本に伝来されていたと言われています。六曜と呼ばれる歴注が6種類用意されていて、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があります。それぞれには意味があって、友引の意味に関係してきます。ここでは友引と葬儀の関係を詳しくこちらでご紹介します。

↑ PAGE TOP