弔問のタイミングと抑えておきたいマナー

弔問のタイミングと抑えておきたいマナー

生前お世話なった方などが亡くなられた時に伺うことを、弔問(ちょうもん)といいます。 今まで一度も弔問をしたことがないという方もいると思いますが、この先いつかは弔問をすることがあるかもしれません。 社会人になれば、取引先のお付き合いなどで年上の人と付き合うことも増えますので、弔問に伺う機会が増える可能性もあります。 あまり弔問はしたくないというのは本音ですが、人間はいつか命を終えることが決まっています。 誰もがいつかは、経験することになるであろう弔問について、ここでは詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

弔問のタイミング

最近はお通夜も自宅で行わずに、直接葬儀ホールなどで行うことがあります。 弔問はお通夜から伺っても良いので、必ず事前にご家族に確認をおすすめします。 ご自宅に伺う場合と、葬儀ホールへ伺う場合があります。

一昔前であれば、小規模であればご自宅でお通夜から告別式まで行っていました。 しかし最近では、規模に関わらず葬儀ホールなどで行ったりすることが多いので、 「どこへ伺えばいいのか?」ということと、「伺っていい時間」の2点を必ず確認しましょう。 弔問を伺うタイミングとしては、亡くなった連絡が来た時点か、 皆が弔問に伺うのに合わせるのがおすすめです。

都合がどうしても合わなくて、お通夜やお葬式に参列できない場合は、別日に改めて弔問することが可能です。 タイミンクの目安としては、告別式が終わって四十九日までがおすすめです。 理由としては、生き物としての生命を失ってから次の世に生まれ変わるまでの期間が49日と仏教では言われています。 そのため、次の生を受けるまでに弔問をすることが良いと言われているからです。 故人の供養は、亡くなってから7日目毎に供養を行っていくので、そのタイミングに合わせて弔問に伺うのもおすすめです。

弔問時のマナー

弔問は、亡くなられた直近もしくは49日目までに伺うのが良いということが分かりました。 遺族にとっては、大切な人を亡くされたという時ですので、物凄くデリケートなタイミングに伺うことになりますので、 マナーはしっかり守って弔問をしましょう。 そこで、弔問時のマナーをまとめました。

・お悔やみの言葉を忘れずに伝える

弔問の予定の連絡時や、弔問時伺った際は、遺族の皆さんに必ず「お悔やみの言葉」をかけてあげることを忘れずにしましょう。 あなたも故人が亡くなったことはとても悲しい出来事ですが、それ以上に遺族の皆さんの悲しみも強いのです。 そんな遺族の皆さんの悲しみを共有して、故人を偲ぶことで、遺族の悲しみも和らいでいくのではないでしょうか? お悔やみの際に使ってはいけない言葉として、「迷う」や「浮かばれない」とか、「続く」というような言葉を使用するのは避けましょう。

・死因を効かない

病気だったり、事故だったり故人についてあれこれ聞きたくなります。 しかし、色々聞きすぎるてしまうとご遺族の悲しが増しますし、失礼にあたります。 遺族から話されるのを効くのは良いですが、積極的に死因を聞くことは控えましょう。

・服装

服装ですが、弔問にお通夜より前に伺う場合は「急遽駆け付けた」という意味もあるので、普段着でも失礼にはあたりません。 逆に、急に伺ったのに喪服だったりすると、まるで死を予知していたように受け取られることが多いので気を付けましょう。

お通夜や告別式は、必ず「喪服」を着用してください。 理由としては、仏教では喪に服すための服装として黒をメインとした服を着用してください。 また、アクセサリーは白のパールや黒のパール以外の貴金属は外しましょう。

・お供え物

お供え物を持参する際は、告別式後の弔問にしましょう。 式の前はまだこの世にいると考えられています。 お供え物として持っていかれるのであれば、告別式後に持参することをおすすめします。

・香典

お通夜の前に弔問をして、お通夜も告別式も出席できない場合は、「お花代」として香典を渡す場合があります。 どちらかに出席できる場合は、その際に香典を持参するようにしましょう。 告別式後の場合は、お香典として弔問の際に持参されることをおすすめします。

弔問の流れ

弔問の流れはこのようになっています。

  • 1.事前に場所と日程を遺族などに伝えておきましょう。
  • 2.ご遺族に会ったら、お悔やみの言葉を伝えましょう。
  • 3.故人の元へ案内されたら、遺族へ一礼をしてお線香をあげましょう。
  • 4.お通夜の際、故人との対面を促されたら側に行って一礼しましょう。
  • 5.まだそのまま布団に寝ている場合は、白布を外されて顔を見たら、一礼をして合掌しましょう。
    ※個人の白布を外すのは遺族ですので、自ら外すのは避けましょう。
  • 6.長居はせず、故人との対面を済ませたらタイミングをみて切り上げましょう。

線香のあげ方

お線香は遺族に一礼してからはじめます。 ろうそくの火を線香に着けて、左手で扇いで炎を消します。 この際、お線香を立てるのか、折って横に並べるのか不明な場合は聞いて確認することをおすすめします。

スポンサードリンク

葬儀の準備 関連記事

身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること

身内を亡くした時、遺族は悲しんでいる余裕もなく、慌ただしく葬儀の準備が始まります。人が亡くなった直後にやるべきことの流れを把握し、一つひとつの手続きをこなしていくために、故人が死亡した時から葬儀前にやるべきことを詳しくこちらでご紹介します。

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

故人が亡くなると、名義変更や解約などさまざまな手続きを行います。やるべきことが多すぎてうっかり手続きを忘れてしまわぬよう、 ここでは期限別に必要となる手続きを詳しくこちらでご紹介します。

焼香のやり方

年を重ねる毎に、人との繋がりが多くなるほど参列する機会が増えるのが「お葬式」です。特に生前お世話になった人や、仕事関係での葬儀は必ず参列したいものです。その際に気を付けないといけないのが「葬儀のマナー」です。 ここでは焼香のやり方を詳しくこちらでご紹介します。

弔問のタイミング

生前お世話なった方などが亡くなられた時に伺うことを、弔問(ちょうもん)といいます。今まで一度も弔問をしたことがないという方もいると思いますが、この先いつかは弔問をすることがあるかもしれません。社会人になれば、取引先のお付き合いなどで年上の人と付き合うことも増えますので、弔問に伺う機会が増える可能性もあります。 ここでは弔問のタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

喪中はがきの相手とタイミング

毎年年末になると色々と仕事が増えます。そのやることの中のひとつとして、年始のご挨拶として遠方で会えない人などへの挨拶として年賀状を書きます。ただ、この年賀状を書いてはいけないという人がいるのはご存知でしょうか?それは、「喪中」のご家庭です。ここでは喪中はがきの相手とタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

友引と葬儀の関係

人が亡くなるタイミングというのは誰にも分かりませんが、日本にはお葬式を行っていけない日というのがあります。これは暦にとても関係があり、6世紀には日本に伝来されていたと言われています。六曜と呼ばれる歴注が6種類用意されていて、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があります。それぞれには意味があって、友引の意味に関係してきます。ここでは友引と葬儀の関係を詳しくこちらでご紹介します。

↑ PAGE TOP