葬儀の準備

葬儀の準備

身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること

身内を亡くした時、遺族は悲しんでいる余裕もなく、慌ただしく葬儀の準備が始まります。人が亡くなった直後にやるべきことの流れを把握し、一つひとつの手続きをこなしていくために、故人が死亡した時から葬儀前にやるべきことを詳しくこちらでご紹介します。

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

故人が亡くなると、名義変更や解約などさまざまな手続きを行います。やるべきことが多すぎてうっかり手続きを忘れてしまわぬよう、 ここでは期限別に必要となる手続きを詳しくこちらでご紹介します。

焼香のやり方

年を重ねる毎に、人との繋がりが多くなるほど参列する機会が増えるのが「お葬式」です。特に生前お世話になった人や、仕事関係での葬儀は必ず参列したいものです。その際に気を付けないといけないのが「葬儀のマナー」です。 ここでは焼香のやり方を詳しくこちらでご紹介します。

弔問のタイミング

生前お世話なった方などが亡くなられた時に伺うことを、弔問(ちょうもん)といいます。今まで一度も弔問をしたことがないという方もいると思いますが、この先いつかは弔問をすることがあるかもしれません。社会人になれば、取引先のお付き合いなどで年上の人と付き合うことも増えますので、弔問に伺う機会が増える可能性もあります。 ここでは弔問のタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

喪中はがきの相手とタイミング

毎年年末になると色々と仕事が増えます。そのやることの中のひとつとして、年始のご挨拶として遠方で会えない人などへの挨拶として年賀状を書きます。ただ、この年賀状を書いてはいけないという人がいるのはご存知でしょうか?それは、「喪中」のご家庭です。ここでは喪中はがきの相手とタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

友引と葬儀の関係

人が亡くなるタイミングというのは誰にも分かりませんが、日本にはお葬式を行っていけない日というのがあります。これは暦にとても関係があり、6世紀には日本に伝来されていたと言われています。六曜と呼ばれる歴注が6種類用意されていて、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があります。それぞれには意味があって、友引の意味に関係してきます。ここでは友引と葬儀の関係を詳しくこちらでご紹介します。

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP