直葬のお葬式

家族葬・終活・葬儀費用

直葬とは

通常の葬儀ならば、通夜と告別式を行なってから火葬になりますが、火葬のみで行なわれる葬式を「直葬(ちょくそう)」と言います。
直葬は、火葬式と呼ばれることもありますが、内容は変わりません。
個人の故郷が遠いため、火葬だけ先に済ませる場合や、別の日に斎場にて一般参列者を呼んでの本葬を行なう場合などに、直葬を選ぶことが多いです。
また、故人が直葬を希望していたり、あまり費用をかけられない場合にも、直葬を行なうことが多いです。
直葬は、単に火葬だけを行なうのではありません。
ロウソクやお花、線香などを置いた枕飾りを用意して、僧侶に枕経をあげてもらったあとに焼香をしてから火葬となります。
火葬終了後には、骨上げもあり骨壷に故人のお骨を収める儀式も行なわれます。
故人は死装束もちゃんと着用しての火葬となります。
直葬は、遺族だけで行われることがほとんどですが、付き合いが濃い友人や知人も参列することがあります。
故人が高齢だった場合、会社の同僚や友人などとのつながりもなくなってくるので、参列者の確保を考えると直葬の方が良い場合もあります。

直葬の注意点

直葬は、やはりまだ一般的には主流ではない葬儀なので、それなりに注意点はあります。

・直葬に決める前に親族にも相談する

直葬は喪主一人で決めてしまうのではなく、親族にも相談して決めましょう。
故人が直葬を望んでいたのであれば、それを伝えてからよくよく話し合うことです。
勝手に決めて、斎場を決めたりなど強引に進めてしまうと、トラブルが発生して、故人とゆっくりお別れができません。
親族で反対する人がいれば、故人のためにもお互いが納得するまで話し合わなければいけません。
親族だけではなく、会社との付き合いもあった故人だったなら、会社にも説明しておくと、トラブルなく直葬を行なえます。

・直葬にする理由を答えられるようにしておく

直葬の意思を伝えたとしても、その理由をうまく説明できなければ、周囲は納得してくれないかもしれません。

  • ・故人が希望していた(書面があるとベスト)
  • ・故人が高齢で知人や友人が少ないため
  • ・故人の故郷が遠いため
  • ・後日、お別れ会を考えているため

など、誤解を招かないような理由を考えておき、すぐに答えられるようにしておきましょう。

喪主だけではなく、遺族も友人も知人も悲しみに暮れているはずです。
そんな時に「斎場などを借りる費用がないから直葬をする」と言ってしまうと、さらにショックを与えることになりますね。
みんなが気持ちよく故人を見送れるように、できるだけ誤解のない説明を考えておきましょう。

直葬のメリット

直葬のメリットは、次の通りです。

・スケジュール調整しやすい

通常は、通夜と告別式のあとに火葬となるので、2日間は拘束されることになります。
けれども直葬の場合は、4時間程度で全てが終了するので、スケジュール調整がしやすいです。
それは、喪主だけでなく親族も同じで、遠方から来てもらう場合、親族も助かります。

・費用があまりかからない

直葬の場合も、火葬中に精進落としがありますが、会葬者が少ない分、飲食代もあまりかかりません。
また、斎場で通夜と告別式を行なうとなると、飲食代の他にお布施やお香典返しの費用も必要になってきます。

・少人数でゆっくり見送りができる

会葬者が多いと、挨拶や接待などで気を配らなくてはいけなくなりますが、直葬は少人数で気兼ねなくお見送りができます。
看病疲れなどで、喪主や遺族があまりにも疲れているときなどに直葬にすると、気配りなどの負担を軽減できます。

直葬のデメリット

費用も安くて気兼ねなく行なえる直葬ですが、実はデメリットもあります。

火葬だけしかやってないことで、周囲から批判されてしまうこともあります。
いくら正当な理由があったとしても、直葬を理解できない人がたくさんいるのが現状です。
親族だけではなく、会社や近所の人に陰で批判されたり、実際に反感をかうこともあります。

・葬儀後の対応に忙しくなる

故人の死を後から知った方々が、葬式後に家に訪問されるかもしれません。
故人との付き合いによっては、ちゃんとお別れがしたいと考える人もいるでしょう。
喪主や親族は、葬儀後も心身ともに疲れ果てているはずです。
そんな時に、個別の弔問に追われるのは肉体的にも、精神的にも辛いと思います。
葬儀後はゆっくり休みたいというのが、遺族の本音だと思います。
通夜と告別式をちゃんとしていたなら、個別の弔問に追われることはあまりありませんが、直葬だけなら必ず個別の弔問があると思っておいた方が良いでしょう。

・お香典が少なくなる

直葬は確かに費用が少なくはなりますが、お香典を含めると、通常の葬儀の方が費用がかからないというケースも出てきます。

このように、デメリットを一つずつ見ていくと必ずしも直葬が良いとは限りません。
要は、故人やその家の考え方などと合っているか?が大事になります。
故人のこれまでの交流も考え合わせて、合う葬儀スタイルを選ぶことです。